CGSブログ【時事ネタ】香港民主化デモ 中国黙殺

【時事ネタ】香港民主化デモ 中国黙殺

こんにちは、CGSスタッフです。

最近中国国内での民主化活動が、香港にも飛び火しています。
2014年1月に台湾の学生が、貿易協定への反対デモを行っています。

大陸に飲み込まれたくない、脱出したい。
特に香港はついこの前までイギリス領土でした。

【人権】という言葉を強く主張する人がいます。
しかし、身近のところで【人権】を持たない人が沢山います。

その現実、その人権を得るために戦っている若者がいることを
我々も知らなければいけませんね。

ニュース記事および、台湾のデモをまとめた動画とともにご覧ください。

=====================
MSN 産経ニュース:中国が情報統制 飛び火を懸念か ネットには拡散
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140930/chn14093005000004-n1.htm

【北京=矢板明夫】中国の三大紙と呼ばれる「人民日報」「光明日報」「解放軍報」は29日、前日に香港で起きた大規模デモを黙殺した。国営中央テレビ(CCTV)もこのニュースにほとんど触れなかった。香港の民主派の動きが国内に広く知られ、陳情者や政府に不満を持つ少数民族関係者を刺激することを警戒しているとみられる。

 しかし、デモ隊と警察官が衝突する写真はインターネットや携帯電話などを通じて拡散しており、各サイトには香港市民を応援する書き込みが殺到。情報統制がうまく機能したとはいえない。

 中国外務省の華春瑩報道官は29日の記者会見で、「香港で法治と社会安定を破壊する違法行為が起きている。中央政府はこれに反対する。私たちは香港政府の法律に基づいた対応を支持する」と述べた上で、「香港は中国の内政問題であり、外国が誤ったメッセージを送らないように希望する」と強調した。欧米など国際社会が香港問題で口出しすることを牽制(けんせい)した。

 一方、香港の中国系紙「文匯報」は、李源潮国家副主席が28日に香港・マカオの学者代表団と会談した際、「香港でどんなことが起きても、全国人民代表大会(全人代=国会に相当)で決まった選挙方法を変えることはない」と発言したことを大きく伝えた。

北京の人権活動家は「国内で抱える問題があまりにも多く、中国政府は香港問題で譲歩すると他の問題に必ず飛び火するため、引くに引けなくなっている」と指摘している。

 一方、香港大学の学長や、香港中文大学の副学長ら複数の教育関係者は28日夜から29日未明にかけて、デモに参加する学生や教師にインターネットを通じ、学校に戻るよう求める声明を発表した。中国当局から圧力を受けた可能性も指摘される。

 デモを取材した香港紙記者は、「中国政府は今後、デモの対応を香港当局に任せて無関係を装う一方、裏で香港の教育界、財界などにさまざまな圧力を加え、事態の収拾を図るとみられる」と話している。



カテゴリー:その他 2014年09月30日 11:22:17 コメント(0)

合わせて読みたい関連記事

コメント



プレビュー

カレンダー

<   09月   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

関連サイト

  • YouTube チャンネル登録して頂くと、最新のアップロード情報が配信されます!