業務内容

【20名限定】 KAZUYAと行く 「インドネシア独立70周年」と大東亜戦争を学ぶ研修ツアー

日本は先の大戦で敗れました。しかし、日本は大東亜戦争を通して、白人宗主国の軍事力を破壊し、各民族に独立のための準備教育をさせたことも歴史の事実です。

オランダは350年間インドネシアを支配し、日本敗戦後も再び従順な奴隷としてインドネシア人を飼い馴らすことができると考えていました。
しかし、3年半の日本軍のインドネシア統治は、白人の想像をはるかに超える精神的変革をインドネシア 人にもたらしていたのです。

再び、インドネシアを占領しようとするオランダ軍・イギリス軍に対し、インドネシア人は敢然と武器を持って戦うことを決意しました。
インドネシアの民衆を率いた戦ったのが、日本軍が徹底教育したPETAの隊員たちです。
インドネシア側は武器・食糧・軍隊の連度で劣りましたが、武器のないものは竹やりでも勇敢に戦い、玉砕戦を伴う血みどろの戦いの末、インドネシアはついにオランダ軍・イギリス軍を撤退させることに成功し、独立を勝ち取りました。

このような戦いがアジア各地で起こったことを今の日本の若者はほとんど知りません。
日本は確かに戦争に敗れましたが、アジア解放という目的は見事に果たしたのではないでしょうか。

今回はインドネシアのスラバヤに行き、先人のアジア解放の戦いについて学びたいと思います。

日程・場所

日程 平成27年11月8日~12日
定員 20名(最少催行人数10名)
対象 20~50代の男女
参加費用 19万円前後

*参加人数によって変動があります。
*1名様1室にて宿泊希望の場合、27000円加算

備考:参加いただく方には、事前に参考図書や映画の案内をしますので、予習の上ご参加下さい。
この研修は旅行代理店を通して開催いたします。

受付終了しました

募集要項

11月8日 ・日本発 羽田11:45 関空 12:00
・21:00頃 スラバヤのホテル着
・ホテル到着後 日本とインドネシアの歴史について講義
11月9日

・午前 歴史博物館見学
・午後 独立記念パレード見学
*メインストリートでパレードが行われる。
インドネシアの青年たちが英蘭軍に対して決起して戦う様子が再現される。
他にも軍や警察、各種団体が参加。

・深夜 英雄墓地にて追悼式典
11月10日 ・午前 独立記念式典参加
・午後 歴史的名所訪問&買い物
11月11日 ・ブロモ山サンライズトレッキング
・ブロモ山周辺よりスラバヤ空港へ
11月12日 日本着 羽田8:50 関空8:30

講師プロフィール

京本 和也

京本 和也氏

1988年(昭和63年)北海道帯広市出身・北海道在住。
YouTuber、動画製作者。
2012年(平成24年)、YouTube及びニコニコ動画に自身のチャンネル『KAZUYACHANNEL』を開設。
以後、主に政治関連の時事問題を語る2分程度の短い動画を高頻度で投稿している。
ニコニコ動画においても政治ランキング上位を常にキープ。
『KAZUYA CHANNEL』の登録者数の合計は2015年現在で28万人を超え、書籍も5冊出版している。
YouTuberとして活躍中。

<著書>
『日本一わかりやすい保守の本‐KAZUYA CHANNEL』『バカの国 ~国民がバカだと国家もバカになる~』 『ここがヘンだよ「反日」韓国 彼らがウソをつくほど日本が得をする法則』『反日日本人』『日本人が知っておくべき「戦争」の話 』

神谷宗幣

神谷宗幣

1977年10月12日 福井県生まれ。
大学在学中に1年間世界を周り、世界中の若者と対話し、他国の現状を目の当たりにして、日本はこれでいいのかと疑問を抱き、22歳で政治家を志す。29歳で吹田市議会議員に当選。
全国を奔走し、地方から日本を変えるうねりをつくり出す「龍馬プロジェクト」を2010年に発足。
市議会では副議長を務めたのち、平成24年11月吹田市議会議員を辞職、自由民主党の候補者として衆議院選挙を戦う。
現在、株式会社グランドストラテジー代表取締役。龍馬プロジェクト全国会 会長。
予備自衛官3等陸曹。著書「日本のスイッチを入れる」(2013年出版)

●神谷宗幣 公式ホームページ http://www.kamiyasohei.jp/
●龍馬プロジェクトHP http://www.ryouma-project.com/

受付終了しました

その他、質問などはお問い合わせ下さい